ページ: << 1 ... 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 ... 14 >>

就職氷河期 2010年の就活

パーマリンク 2009/01/27 06:21:42 著者: job2010 メール
カテゴリ: 2010年就職活動

最近、私の複数のサイトから、色々なお問い合わせをいただきます。

その際に『就職氷河期』が一つのキーワードとなっています。

現在の経済状況を反映してか、マイナスの要因ばかりに目がいってしまい・・・

質問も、そういうものが多くなっています。

しかし、私の周りはと言えば。。。

もちろん、企業規模の大小はありますが、独自の技術・圧倒的な差別化・健全経営など、元気な企業はたくさんあります。

新規事業を拡大するために、人材を探しているという企業もあります。

これからの時代、企業の大小で会社を選ぶ時代ではありません。
自分が何のために働くのか?
何を成し遂げたいのか?
どういう生活を過ごしたいのか?
何が好きで、何をしている時に充実感を感じるのか?

などなど

私も、現在の1部上場企業を退社していますが、充実度は現在の方が上です。やりがいも、人間関係も含めて・・・

退社当時は、さすがに仕事面や金銭面で苦労はしましたが・・・
種をまいても、いきなり実がなることはありませんしね。

ようやく実がなりつつあります。

みなさんも、大きな実のなる、そんな仕事を探して下さいね。
自分の力で実を結んで下さい!

自分を守れるのは自分でしかないですからね!

私のサイトも参考にして下さいね!

【就職活動のための自己分析の方法】

 

【就職活動のためのエントリーシートの書き方】

 

【就職活動支援サイト】Career Presents

就職氷河期か?2010年就活

パーマリンク 2009/01/20 20:32:48 著者: job2010 メール
カテゴリ: 就職活動のあれこれ

今年の就活は、やはり、景気悪化の影響などで、学生にも異変が起きています。
明らかに1年前よりは違います!!

何が違うのか?

それは、学生の動きが違うのです。
極端に焦りを感じます。

昨年は、売り手市場と言われ、学生に余裕が感じられていました。
逆に、企業側は学生の確保に、あの手この手といった感じで・・・

バブル崩壊後の就職氷河期の再来?かのように言われていますが・・・
状況は大きく異なります。

焦りを極端に感じる部分は、自分の意志ではなく、周りから取り残されてしまうのではないか?という焦燥感。無意味にバタバタしているような!

その中で、しっかりと学生のみなさんに考えて欲しいことがあります。
それは・・・

外的要因にばかり目をやるのではなく、もっと内的要因に目を向けて下さい!

昨年などは、企業展に行っても、公務員・警察官募集のブースは閑古鳥が鳴いているような状態でした。

しかし、今年はどうでしょうか?
公務員・警察官募集のブースは、黒山の人だかり・・・

本当にそれでいいのか?そう感じずにはいられません!
40年以上も働く仕事選びが、この1・2年の経済状況だけで、これだけ変わるなんて!

もっと自分を持って下さい!
そんな選択肢で、キラキラとした目で仕事ができますか?

もっと自分自身の内面に目を向けて下さい!

何のために働くのか?
社会人としての目標は何か?
何に貢献しようとしているのか?

これらのことをしっかり考えて下さい!

氷河期を自分の力で変えていくような、そんな人財を求めていますよ!

私のサイトも参考にして下さいね!

【就職活動のための自己分析の方法】

 

【就職活動のためのエントリーシートの書き方】

 

【就職活動支援サイト】Career Presents

エントリーシートの書き方 その本質とは?

パーマリンク 2009/01/19 12:14:55 著者: job2010 メール
カテゴリ: エントリーシートの書き方

私のサイトで紹介をしておりますが、エントリーシートの書き方にはいくつかのポイントがあります。

一度、エントリーシートの書き方のサイトを見て下さい!

それに合わせて、今までのエントリーシートの添削の実績からみたもの、読み手を動かすエントリーシートの書き方についてのマニュアルを作成中です。

もうしばらくかかりそうですが、何とかみなさんのお役にたてるように、仕上げようと思います。

テレビCMに見るキャッチコピー、DMやチラシに見るセールスレター、心理学に見る人の心・脳の仕組みなどを織り交ぜながら、作成しています。

しばらくお待ち下さい。

私のサイトも参考にして下さいね!

【就職活動のための自己分析の方法】

 

【就職活動のためのエントリーシートの書き方】

 

【就職活動支援サイト】Career Presents

自己分析の添削

パーマリンク 2009/01/18 09:29:12 著者: job2010 メール
カテゴリ: エントリーシートの書き方

エントリーシートの添削が本格化してきましたね。

例年よりも遅くなってきていますが・・・
その分、密度の濃い就活になることでしょう!

何度かエントリーシートの添削を行ってはいますが、レベルはまだまだです!
マニュアル本の影響なのでしょうか?
どこかでテクニック重視の大人の手でも借りたのでしょうか?

エントリーシートの見本や例を参考にしても、あなたらしさは伝わらないですよ!

自分の言葉で、しっかりと伝わる文章を書いて下さい!

そういうサポートなら、喜んでさせていただきますよ。。!

私のサイトも参考にして下さいね!

【就職活動のための自己分析の方法】

 

【就職活動のためのエントリーシートの書き方】

 

【就職活動支援サイト】Career Presents

こんな学生は採用されない!

パーマリンク 2009/01/09 14:37:13 著者: job2010 メール
カテゴリ: 就職活動のあれこれ

こんな学生は採用されない!

世の中はどん底不況。今年は新卒者にとって就職氷河期になりそうだ。そんな折、大学生に売れている本が「就活のバカヤロー」(光文社)。ジャーナリストの石渡嶺司氏と大沢仁氏の共著で、就職の裏側にずばり切り込んでいる。

著者の石渡氏が言う。

「内定がもらえない学生はどこか問題点があるもの。多いのは就職後に何をするかという目的意識が希薄な人。業界やライバル企業のことも知らず、自分がどんな社員になるかも考えてない人は1次選考ではねられてしまいます」

どんな学生が落とされるのか。石渡氏に解説してもらった。

◆「お給料はいくら?」

 面接で「質問は?」と聞かれたとき、「今日の私を見てどんな印象でしたか?」「あなたのお給料はいくら?」と質問する学生がいるという。

「ひどいケースでは“貴社はどんな会社?”と聞いたり、“入社するかは親と相談して決めます”と宣言する人も。父親が面接官になり、模擬面接をやって問題点を指摘してあげるべきです」

◆猿マネの没個性人間

他人の言葉をマネる学生も少なくない。

「ある学生が江崎グリコの面接で“ここでリクルートスーツを脱いで帰ります”と言って採用されたという話が伝わると、翌年、多くの学生がこの言葉を使うようになった。だけど面接官は自分で考えられない没個性人間とみなして不合格にしてしまいます」

◆コスプレや自転車で登場

自己アピールのつもりで派手なコスプレ衣装を着たり、自転車に乗って面接に来る学生もいるが、これも逆効果でしかない。

「エントリーシートに自分が書いた企業研究や企画書を添付して目立とうとする人もいますが、人事担当者にとって読むのは大迷惑。結果は見えてます」

あきれるほど能天気な学生たち。親が指導しなきゃ内定は無理だ。

(日刊ゲンダイ2009年1月6日掲載)

私の所にも、エントリーシートの見本や例を探してくる学生も多いのですが、これと同じことにならなければいいのですが・・・

私のサイトも参考にして下さいね!

【就職活動のための自己分析の方法】

 

【就職活動のためのエントリーシートの書き方】

 

【就職活動支援サイト】Career Presents

<< 1 ... 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 ... 14 >>

森 徹織

キャリアコンサルタント
心理カウンセラー
メンタルトレーナー

大学の就職相談室カウンセラー
メンタルトレーニングの講師などを中心に行なっています


ブログのお申込みはこちら

検索

XMLフィード

16ブログ     blogging software